不動産 江戸川区・葛飾区・小岩 新築一戸建て・分譲住宅・新築住宅・売主【日建】

News & Topics

住宅ローン金利下げ=35年固定1.02%に

みずほ銀行は27日、11月に適用する住宅ローン金利のうち、全期間固定型の最優遇金利を引き下げる方針を固めた。融資期間が最も長い31~35年は0.05%下げ、年1.02%になるもようだ。マイナス金利政策で人気が高まる長期の固定型は、他行でも引き下げを検討する動きがあり、顧客獲得競争が激しくなっている。

 みずほ銀は10月に全期間固定型の最優遇金利を下げたばかり。11月も融資期間が16年以上については0.02~0.05%下げる。主力の期間10年固定型は、市場金利に大きな変動がなかったことから据え置く方向だ。

 住宅ローンをめぐっては、三菱東京UFJ銀行が27日、期間10年固定型の最優遇金利を年0.60%に据え置くと発表。

Yahoo!newsより